現在の「小樽」の求人の特徴を調査してみた|求人歴史街道

現在の「小樽」の求人の特徴を調査してみた

「小樽」の特徴

北国の寒いだけの地域と思われている人が大勢いると思いますが、北海道ではトップクラスの人情厚い町だということを地元民であれば多くの人が知っています。道端で困っている人がいれば日本人でも外国人でも関係なくゆっくりと休めることができるポイントまで招待するという一風変わった習慣のような特徴がある町です。

 

「小樽」の求人の特徴

この地域で求人を見つけるのはとても簡単です。なぜならば求人広告よりも確実で早く店の前にあるメニューのように求人広告が提示されているからです。だから自分が働きたいと思う店がある時はその店の前を気にしながら歩くか、直接連絡をしてみるのもよい方法だと思います。

 

昔の「小樽」と比べての現在

以前の小樽は、求人の話が出たら紙に求人募集と書いて張り出さなくても、すぐに働きたいという人が現れました。それが今のオーナーたちです。それが現在では求人募集をしても人が集まらない時が多々あるという現状を聞きました。働きたいと思う人が日本全国的に減少しているのではないかと思います。

 

「小樽」で働くなら「四森ガラス工房」

小樽で1.2を争うガラス工房で働くことをオススメします。オススメする理由は、手に職を付けることが出来るからです。この技術があれば何処に行っても仕事が出来ます」。働いているスタッフがガラス工芸が好きで始められている人なのでガラス工芸の真髄まで知ることが出来ると思います。

関連記事

SNS一覧

Copyright (c) 2018 求人歴史街道 All rights reserved.