現在の西淀川区の求人の特徴を調査してみた|求人歴史街道

現在の西淀川区の求人の特徴を調査してみた

西淀川区の昔はこうだった

西淀川区は工場がとても多く点在していました。工場が多いのは今もそうですが今よりももっと昔は多く工場がありました。

 

昔の西淀川区の求人の特徴

工場がとても多く、工場へ着く前の場所に何件かのお店がありました。工場の人達が昼食を食べにくる店、ドライバーの為に夜遅くまで開いている店などが何店舗もありました。その求人は今のように新聞折り込や求人紙に掲載されるものもありましたが、それ等の多くは見せの入り口にある看板に求人と書かれて小さめのポスターのように告知されるものでした。

 

昔の西淀川区の求人を見てみた感想

調理のアルバイトを探している人には好都合の求人でも、それを見る機会が無いのでそれに応募することは出来ません。それはとても残念なことです。工場内でのアルバイトと勘違いをして最初からアルバイトをしようと思う気持ちも無かった人も多いと思います。それは、求人を出している店にも損失ですが、アルバイトをしたいと思っている人達にとっても残念なことだと思いました。

 

今は無き西淀川区に出ていた求人、中島屋

数多くあった店の中で昼も夜も工場で仕事をしている人にとっては憩いの場所であった中島屋は、たこ焼の店でした。たこ焼は外からでも買えましたが、店の中に入れば焼きソバやお好み焼きが食べれる関西人のソウルフードが販売されていました。

関連記事

SNS一覧

Copyright (c) 2018 求人歴史街道 All rights reserved.