昔の尼崎の求人について|求人歴史街道

昔の尼崎の求人について

尼崎の昔はこうだった

尼崎の昔は、本当に何もない殺風景な地域でした。街が本当に沈んでいるような感じでした。JR尼崎の方には多くの店があるのですが阪神の尼崎にはオジサンの集まる少し小汚い感じの立飲み屋などしかありませんでした。今でこそ治安は良くなりましたが、1990年前くらいなので20年ほどくらい前には男性一人で行く時も少し勇気のいる場所でした。それ以前であれば、住んでいる人以外はあまり立ち寄りたくないエリアだったと思います。

 

昔の尼崎の求人の特徴

昔、求人をだしていた店は、飲食店が9割ほどだと思います。飲食店での特徴といえば賄いです。店によって賄のレベルが違うのです。時給が良くても賄が悪ければ人は集まらなかったのが昔の尼崎の特徴です。時代というのも関係していたと思いますが、食べる物が不十分であったので、アルバイトをしていたら食べる物にも困らなかったのもこの時代のアルバイトの特徴の1つだといえます。

 

昔の尼崎の求人を見てみた感想

昔の求人を見て思うのが活字の大きさです。大き過ぎて何を強調したいのかが分かりません。何度か見た事があるのです。写真がない。字がデカイ。時給などが情報掲載されてない。などの違いがありました。今の求人とは違う部分が多過ぎて求人の魅力とは何のか本当に考えさせられました。

関連記事

SNS一覧

Copyright (c) 2018 求人歴史街道 All rights reserved.