昔の「武庫川」の求人について|求人歴史街道

昔の「武庫川」の求人について

「武庫川」の昔はこうだった

阪神地区で、本当の下町という感じが強かったのは武庫川という地域でした。今のように高層マンションやビルが建っている光景は、30年前の人には想像も出来なかったと思います。店という店もなく買い物に行くにも駅で2つ、3つほど自転車で行ったところにようやくスーパーがあるくらい田舎という感じでした。

今は無き「武庫川」に出ていた求人、「豊商店」

平成に入る3年程前に豊商店は無くなりましたが、豊商店が最後に出した求人は職人を求める物でした。今は見る機会も少なくなった鉄板でお好み焼、フランクフルト、焼きそば等を作る人を募集していました。販売は、作る人が直接していました。分かりやすく言うと直売所のような感じでした。

昔の「武庫川」の求人から現在にかけて変わったところ

昔とは違い、今は高層マンションの1階にはテナントショップがあります。今の武庫川にでている求人には武庫川に働く場所があります。それが昔とは大きく変わった点だと言えます。今の若者には武庫川の地域に働く場所があることは普通かも知れませんが昭和の時代では考えられないことでした。

「武庫川」の歴史

武庫川には、阪神本線しかありませんでした。それが昭和に入ってから武庫川線という物が出来ました。それに伴い町が活性化したように思えましたが、武庫川で新しく商売をする人が現れなかったので武庫川の発展は遅れたのでした。それは武庫川線を作った株式会社阪神ホールディングスは頭を悩まし武庫川の発展に貢献したのでした。

関連記事

SNS一覧

Copyright (c) 2018 求人歴史街道 All rights reserved.