毎日新聞を書き写している富島が求人について語る。|求人歴史街道

毎日新聞を書き写している富島が求人について語る。

近年の求人の傾向

最近の求人の傾向として、私が思うに、まず!「給与が増えてきている」と言うのがたくさんの求人を読む中で抱く印象ですね。今までは殆ど日給制と言われていたのですが、近年は日給月給制が多くなってきました。

え?この違いがなんだって?

この2つの違いを語っていくとするならば、「月にもらえる給料が決まっている」ということですね。私達はよくこの2つについて殆ど一緒のように考えてしまうのですが、日給月給制というのは本来であれば「月にもらえる給料が決まっており、雇用者が休んだ場合にその日の給料を差し引く」とされています。日給制というのは読んで字のごとく「その日働いた分給料がもらえる」ということです。特にこの違いというのはゴールデンウィークやお盆などで顕著に違いを見ることができるのです。

では、ほかに思うこととは

次に思うことは、大手の求人が多く見るようになりましたね。最近ではあの有名なJR西日本が運転手意外に人事を募集したり、営業職を募集していましたよ。やはり、アベノミクスの影響というやつなんですかね。

最後に

私富島は最近上でも言ったとおり新聞を書き写しているのですが、今の求人市場と言うのはまさにバブルのようなものだと思うので、今のうちに贅沢をせず就職や転職をしたほうがいいですね。

関連記事

SNS一覧

Copyright (c) 2018 求人歴史街道 All rights reserved.