職場が変わる話|求人歴史街道

職場が変わる話

工場内の仕事は評価されるが結果に結びつかず

私は、工場で仕事を始めて4年目も半ばを過ぎた頃になります。最初はアルバイトから始めました。リーダーは、私の働きに対して動く良い評価をしてくれました。2年目になる頃にアルバイトから契約社員に雇用を変更することで給与形態が良くなると言われていたので変更しました。「3年目には社員になれる様に上に掛け合うよ」とまで言ってくれたので、私も、そのまま自動車工場内の社員になる気持ちで働いていました。ですが、5年目が近づいても正社員になれる感じも全くなかったのでこのままでは駄目だと諦めて転職を考えるようになりました。

転職をして教えてもらった事

転職を考えて仕事を探すけれども、今働いている工場内作業の時より給与は少し減ることが心配でした。仕事を変えて生活が出来なくなれば意味が無いからです。転職サイト探している時に、正社員登用の仕事を発しました。自動車工場からの転職では駄目だろうと思っていましたが、面接時に工場内の仕事の話をしました。店主は、細かいことを毎日しているのだねと工場内の仕事を評価してくれました。私は、今回は評価を受けた事を信じたいと思い全てを話しました。オーナーは、過去に工場内の仕事を1度体験したような口ぶりで私の事を評価してくれました。私は、オーナーの好意のお蔭で契約社員から仕事が出来るようになります。

関連記事

SNS一覧

Copyright (c) 2018 求人歴史街道 All rights reserved.